こんにちは!おかもんです。

FXをする上で、どこの証券会社を利用するかは、かなり重要ですよね。

特に、国内FXか海外FXかは大事です。

→海外FX vs 国内FX! 海外FXのメリットとは?

結論を言えば、高レバレッジ取引では、外国FXは国内FXよりも安全です。 

その理由として、

  • 海外FXではマージンが発生しない 
  • 資金以上の損失がない(ゼロカットシステム) 

海外FX企業のゼロカットの仕組みで、FXの損失による証拠金や負債は発生しません。 

一方で、金融庁が定める「証券取引法」では損失補償が禁止されているため、国内FX企業はゼロカットを採用できません。 

この記事では、海外FXのゼロカット(マージンなし)が国内FXよりもどのように有利であるかを説明します。 

おかもん
FXは、利益の出しやすい投資ではありますが、当然ながらリスクもあります。
リスクを極力おさえるために、この記事を最後まで読んで安全にFXを始めましょう!

▼当ブログ限定の特典情報あり▼

国内外の企業でお金を失うことを余儀なくされた人々の経験 

国内FX企業の場合は、損失削減が間に合わなかったために証拠金(債務)を要求した国内請負業者が悲惨な結末になっていることも結構あります。 

国内のトレーダーとレバレッジ取引を行う場合、価格変動が大きいと証拠金(債務)が大きくなるリスクがあります。 

そのため、実は一夜にして数百万円の借金をしていることもあります…。 

一方、海外FX企業は証拠金を出さないので、証拠金を超えて失っても全く借金はありません。 

なので、万が一価格が急落または急騰した場合のリスクを考慮すると、レバレッジ取引を行う場合は、国内のFX業者よりも証拠金のない海外のFX業者を使用する方が、はるかに安全です。 

海外FXに証拠金がない理由 

海外の業者がマージンを出さないのは、ゼロカット制度と呼ばれる損失補償制度があるからです。 

国内のトレード業者は、日本の金融庁の規制により、トレード業者の損失を補償することを禁じられています。 

なので、国内FXで高いレバレッジで取引する場合、価格の急落と急騰により、大きなマージンと負債が発生する可能性があります。 

ゼロカット方式の仕組み(マージンなし) 

ゼロカットシステムでは、強制損失カットが間に合わず、損失がマージンを超えた場合、投資家がFX業者に支払う必要のあるすべてのマージン(負債)をカットできます(負債は業者が負担します)。

FXで大きな価格変動が発生した場合、損失削減レベルを超え、大きな損失が発生する可能性あります。 

特に、レバレッジの高い取引をしていると、一瞬で数百万円も失う可能性があります。 

そのため、海外FX企業は「トレーダーの資金を守る」ために、マージンを超える損失をゼロにし、債務を負わないゼロカット制度を導入しています。 

海外FXは、レバレッジが高くても、FXトレーダーに預け入れた資金(証拠金)をゼロカットで失うことはないので、安全性が高いと言われています。

海外FXでゼロカット制度(マージンなし)を採用した理由 

ゼロカット方式を採用している企業の場合、強制損失カットが間に合わなかったために発生したマージンを超える損失(マージン)はすべて会社が負担します。 

このような不利なメカニズムがトレーダー側に提供されている理由は、海外のFX業者がNDD方式を採用しているためです。 

NDD方式は、ユーザーの注文を銀行間で直接送信することにより取引するためのメカニズムです。 

FX業者は注文にスプレッドを追加することで利益を上げます。

したがって、取引が多ければ多いほど、収益性が高くなります。 

そのため、海外FX企業は「ユーザーが長く取引を続けられるようにする」ためのゼロカットシステムを導入しています。 

ゼロカットのタイミング

XM:ゼロカット実行のタイミングは次回入金時

TradeView:次回入金時

AXIORY:自動的に実行

TitanFX:平日のロールオーバー後に自動的に実行されます

FXBeyond証拠金維持率50%以下で自動的に実行

ゼロカットによる損失補償のタイミングは、FX業者によって異なります。 

一部のFX業者はサポートに連絡しないと行うことができないので、事前にゼロカットルールを理解しておく必要があります。 

マージンなしの注意事項(ゼロカット方式)

マージンなしが一般的な海外FX業者ですが、注意しないといけないこともあります。

  • FX会社が倒産する可能性 
  • 一部のFX業者はゼロカットシステムを無視

海外FXでは、ほぼすべての企業がゼロカットを採用していますが、 

間違ったFX会社を選択すると、破産ゼロカットの無効化などの二次的な災害に巻き込まれる可能性があります。 

最悪の事態に巻き込まれないために、2つの注意点について解説します。

FX会社が倒産する可能性

海外FXのゼロカットでは、FXトレーダーが損失を負担するため、歴史的な墜落の際には、それを負担することができず、破産する可能性があります。 

実際、過去には、2015年のスイスフランショックにより「アルパリUK」という海外の大手企業が倒産し、損失を補うことができませんでした。 

そういったリスクを考えると、海外FX会社は信頼保護と金銭的補償のある会社を選ぶべきだと言えます。 

一部の企業はゼロカットシステムを無視しています 

また、ゼロカットを採用している海外FX会社もありますが、ユーザーに利益をもたらしている悪意のあるFX会社もあります。 

実際、FXDDはスイスフランショックの際にゼロカットを実行せず、ユーザーは多額の債務を追及することを余儀なくされました。 

なので、FXトレーダーの信頼性は、ゼロカットで安全に取引するためにも重要です。 

例えば、

  • XM
  • TitanFX
  • AXIORY
  • TradeView

このような企業では、スイスフランショックの時でも、ユーザーのゼロカットをしっかりと実施し、損失を補償しました。 

過去の実績に基づいて信頼できるサプライヤーを選ぶのが無難と言えます。 

まとめ 

いかがだったでしょうか?

海外FX業者と聞くと、何となく怪しい雰囲気がありますが、実際はかなり安全な取引ができることが分かったと思います。

その理由として、

  • 海外FXではマージンが発生しない 
  • 資金以上の損失がない(ゼロカットシステム) 

この2つの理由により、マージンを超えて負けても借金がないので、国内企業に比べてレバレッジが高くても安全と言えます。 

ただし、信頼性の低い業者を選ぶと、ゼロカットが無効になったり、破産したりする可能性があるので、注意が必要です。 

    なので、海外FX会社を始めるのであれば、安心できる老舗FX会社の「XM Trading」や、新興業者ながら透明性が高く、ボーナスが充実している「FXBeyond」などがオススメできます。

    参考記事↓
    海外FX会社FXBeyondの特徴 メリットとデメリットを徹底解説!

     

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事