HFTシステム

 

こんにちは!おかもんです。

 

今回はとんでもなくヤバイFX自動売買システムのリリース情報を入手しましたので、記事にしたいと思います。

おかもん
正直、「これでダメならあきらめろ」ってレベルです。

 

さて、あなたはFXで裁量トレードをしたり、

自動売買ツール(EA)やMAM・PAMMを使ったことはありますか?

 

まぁ、今の日本経済の状況を見ると、

投資しないといけないことは、もはや常識なので、

今さら「投資の重要性」を語ることはしませんが、

 

ただ、いま流行りのiDeCoやNISAに投資したところで、

資産が増えるのは何十年も先の話なので、

おかもん

資産構築にあまりにも時間が掛かりすぎるし、

結局、貧乏人は貧乏人のままなんですよね。

 

 

そういう事情もあって、利益が大きいFX投資が人気なのですが、

FX経験者

FXで資金を溶かしちゃいました

って人が、あとを絶たないのが現状です。

 

というのも、

  • FXの自動売買システムには詐欺が多い

って理由もあるのですが、

 

ロシア問題以降の相場を考えると、

チャートを読む難易度が跳ね上がってる現状があるんですよね。

 

優良なシステムを使っても、

予想外な相場の動きに耐えられないってことです。

おかもん
いきなり為替介入とかされたりしますからね。

 

と、こう書くと、

あなた

じゃあ、もうFXはオワコンなのか…。

って思うかもしれませんが、

 

もしも、どんな相場でも関係なく利益が取れるぶっ壊れのチートシステムがあるとしたらどうでしょうか?

 

まぁ、こう言ったところで、

あなた

そんな都合のいいシステムがあるか!

って感じでしょうが、

 

少しでも「投資で稼ぎたい!」って思いがあるなら、

おかもん

最後まで読んでください。

マジで衝撃を受けると思います。

 

▼ 当ブログ限定の2つの特典をプレゼントします ▼

ぶっ壊れチートの取引手法「HFT」とは?

 

さて、今までの裁量・ツールを含めたFXは、

  • スキャルピングで含み損が~
  • ナンピンで爆益に~
  • 非ナンピン&損切機能で安定的に~
  • RSIとかCCI、ストキャスティクスを使って分析して~

っていうのが常識ですよね。

 

これらは個人の好みや相場の状況で良し悪しが変わってきますが、

 

共通して言えるのは、

おかもん

理想のトレード手法など存在せず、

利益が出続けることはないってことです。

 

なので、上手いトレーダーさんなんかは得意な手法はあれど、

様々な手法を使い分けてることが多いのですが、

 

自動売買ツールなんかは

ぶっちゃけ、トレード手法を柔軟に変えることはできないので、

 

ハマれば強いですが、

相場は生き物なので、ハマり続けることはなくいつかは全損する運命です。

 

こう聞くと、

あなた

じゃあ、やっぱり自動売買はオワコンなんじゃん!

って思うでしょうが、

 

まぁ、これは「今までは」の話で、

この記事で紹介するFX自動売買システムは、

 

その「今まで」を全て「過去」に吹っ飛ばすものになります。

 

HFTシステムとは

 

さて、前置きが長くなりましたが、

 

この投資システムですが、

HFT(High Frequency Trading)という手法を使います。

 

日本語で言うと「高頻度取引」になりますね。

 

で、このHFTですが、

コンピューターのアルゴリズムを利用して超高速&高頻度で取引する手法で、

 

どれくらい高頻度かというと、

ミリ秒(1,000分の1)で売買を繰り返すことで、利ざやを稼いでいく感じです。

おかもん

当然、人間には実現不可能な手法なので、

システムが自動でトレードします。

 

これと似た手法として、スキャルピングが挙げられますが、

 

スキャルピングと違って、

HFTは人間には実現不可能な速さでトレードを実行するので相場の急変とかマジで関係ないです。

おかもん

どんな相場状況でも利益を出してくれます。

 

 

なんで今までHFTシステムがなかったの?

 

さて、HFTですが、

別に新しい取引手法というワケではありません。

 

あなた

じゃあ、なんで今までHFTシステムが開発されなかったの?

と思うかもしれませんが、

 

HFTシステムの開発はハードルが高く、

 

中でも1番の問題が、HFTはミリ秒の取引を何万回も行うので、

サーバーにめっちゃ負担がかかるってことです。

     

    ぶっちゃけ、HFTは稼げることは目に見えてるので、

    この仕組みは他の競合他社もリリースしようと試みてますが、まず使用できる証券会社がありません。

     

    なので、仮にシステムを作成できたとしても、打ち出すところがなかったんですよね。

     

     

    ただ、当ブログでも紹介してきましたが、HFTシステムは

    多くの優良EAや、年利170%を記録したPAMM・MAMシステムをリリースしてきた実績を持つチームが開発してます。

     

    これらの実績を持つチームだからこそ、

    いくつかの信頼できる証券会社とパイプを持つことができて、

     

    障害だったサーバーの問題を、

    証券会社との協力することで解消することができました。

    おかもん

    まだリリース前なので、証券会社の情報は公開できませんが、

    ちゃんとライセンスを持った完全A-Bookの会社ですよ。

     

    HFTシステムをリリースする理由

     

    こういった超優良システムをリリースするときに、

    決まって出てくるのは、

    あなた

    そんなに稼げるなら、自分たちだけで使えばいいじゃん。

    なんで他の人に紹介してるの?ホントは詐欺なんじゃないの?

    って質問ですね。

     

    お気持ちはよく分かります。

    投資業界は詐欺の温床なので、疑うのは当たり前のことだと思います。

     

    で、この質問に対する回答は、

    おかもん

    衰退する日本経済!1人でも多くの方に豊かになってほしい!100%善意です!

    と言いたいところですが、

    もちろん、そんなことはありません笑

     

    もし、あなたが「稼ぎたい!」と思うのなら覚えておいてほしいのですが、

     

    基本的に「投資×ビジネス」で資金は爆速で伸びていきます。

    おかもん

    マジで「爆速」です。

     

    僕に関して言うと、

    1. 投資で資金を増やしつつ、
    2. 稼げる投資システムを紹介することで資金を稼いで、
    3. 更に稼いだ資金を投資に回す

    です。

     

    このサイクルで、爆速でお金が増えていくし、

    世のお金持ちは、もれなくコレで稼ぎ続けてるんですよね。

    おかもん

    つまり僕の場合は、HFTシステムの「投資×紹介」になります。

     

     

    まぁ、1つだけ言えるのは、

    今回リリースするシステムがぶっ壊れのチート性能を持ってることは事実です。

     

    というのも、僕が貰うのはIB報酬といって、

    これはトレード量に応じて報酬が貰える仕組みになってます。

    おかもん

    システムを紹介するだけでは報酬は発生しません。

    ちゃんと投資してもらって、はじめて報酬が発生します。

     

    ここで、もしゴミみたいなシステムを紹介したところで、

    お客さんは集まってこないし、集まってきたとして使い続けてくれない

    って状況になるので、

    おかもん

    僕も稼げません(´;ω;`)

     

    要するに、紹介する投資システムを使って稼いでもらわないと、

    僕もメリットが1つもないんですよね。

    おかもん

    むしろ信頼を失うだけで、デメリットしかない…。

     

    で、現状で言えば、

    稼げる投資システムはHFTシステムしかないってことです。

     

     

    HFTシステムのヤバさをちょっとだけ公開

     

    さて、このHFTシステム、

    まだリリース前なので、公開できる情報は少ないですが、

     

    HFTシステムがどれだけチートなのかが分かる画像があるので、

    ちょっとだけお見せしますね。

     

    半年間のバックテストデータ

    これは半年間のバックテストデータになるのですが、

     

    最大ドローダウンを見てください。

    おかもん

    驚異の0.38%ですw

     

    ヤバくないですか?

    下落がほとんどないので資産が右肩上がりで増えてるってことですからね。

    おかもん

    含み損を抱えるリスクもないに等しいです。

     

    さらに、プロフィットファクタもとんでもないですね。

     

    この数字が2.0以上だと「非常に高い利益率で超優秀」と言われてますが、

    それをはるかに上回る4.53というヤバすぎる利益率ですw

     

     

    もしかするとFXがよく分からない人からすると、

    FX初心者

    へぇ~。よく分からんけど凄いんかな…。

    って感じかもしれませんが、

     

    これらの結果はマジであり得ない数字になってます。

    おかもん

    僕も長いことこの業界にいますが、見たことない数字ですよ。

     

    もし知人や職場の同僚にFXをやってる方がいたら、

    この数字を教えてあげてください。

     

    あまりにあり得ない結果なので、

    FX経験者

    そんなんありえねーよ。

    ウソに決まってんじゃん…。

    って言うんじゃないでしょうか。

     

    それだけ、HFTシステムが「超ローリスク・超ハイリターン」のヤバい出来ってことですね。

     

    最後に

     

    さて、HFTシステムについて解説してきましたが、

     

    今の相場状況を言うと、

    特にロシア問題以降は、誰にも予想がつかない状態です。

     

    なので、

    単調なトレードしかできないFX自動売買ツール(EA)では、対応できないのはもちろんなのですが、

     

    プロトレーダーが裁量トレードするMAMなどのコピトレであっても、

    相場に対応できず溶かしてしまう現状があります。

    おかもん

    ここ数年で多くのコピトレがロスカットを喰らってますね。

     

     

    なので、今の相場状況で利益を出すには、

    どんな状況でも利益が出る理想的なトレード手法なんですよね。

     

    こういった理想的なトレード手法には

    • アービトラージ
    • リバランス

    といったものも存在しますが、

     

    今のところ自動売買システムで実現できるのは、

    HFTトレードのみになってます。

     

     

    HFTシステムはどうやったら使えるの?

     

    このHFTシステムは7月中にリリース予定です。

     

    今の内におかもん公式LINEに登録して、

    HFTシステムのリリース情報をお待ちください。

     

    というのも、

    HFTシステムに参加できる人数に限りがあります。

     

    これは情報商材の販売者がよく使う「ユーザーの期待を煽るウソ」でも何でもなくて、

     

    記事でも説明したように、

    単純に、HFTシステムはサーバーに負担がかかるので、

    無制限に案内できるワケではありません。

    おかもん

    多くても300人程度になるそうです。

     

    それと、このHFTシステムは、

    正真正銘、ウチの独占となってます。

     

    なので、

    あなた

    HFT、ちょっと興味あるかも。

    って方は、

     

    以下のLINE@に登録しておいて、いち早く案内を受け取って下さい。

    →おかもん公式LINE

     

     

    終わりに

     

    僕のブログを見つけてるということは、

    「何かしら行動(投資や副業)を始めてる」

    ことと思います。

     

    ただ、もし今の時点で、

    あなた

    いや、何もしてないんだけど…。

    というのであれば、少し危険かもしれません。

     

    社畜だった僕が偉そうなことは言えませんが、

    世界情勢や止まらない円安、テクノロジーの進化を考えれば収入源は増やしておくべきだと思います。

     

    お金は全てではありませんが、

     

    資本主義社会で「貧乏」だと自分や家族、周りも不幸にするので、

    おかもん
    稼ぐ!

    というのは大事なことだと思います。

     

    さっさと資産構築に動いて、

    経済的な問題を解決すればラクになりますよ。

     

    ちなみに、僕の同僚は給料頼りの会社員でしたが、

    最近の日本経済のヤバさに気づいたみたいで投資を始めてました。

    おかもん
    結局は動いたもの勝ちです。

     

    ということで、

    長々と付き合っていただき、ありがとうございました。

     

    ぜひ、HFTシステムの続報をお待ちいただければと思います。

     

    Twitterでフォローしよう