こんにちは!おかもんです。

 

今回は、国内の大手FX会社が提供するFX自動売買システム「トラリピ」について検証していきます。

 

トラリピは、事前に設定した価格で自動で取引を繰り返すシステムであることから、

パソコンに張り付く必要も、FXの知識も必要ないと銘打ってますね。

 

本当に稼げるかどうか、「トラリピ」の口コミや評判を調査していきます。

 

まず、結論を先に言うと、「トラリピ」はFX初心者にはオススメできません。

 

その理由は以下の3つになります。

  • スプレッドが広すぎて危険
  • 範囲が外れると、含み損が際限なく広がってしまう。
  • 小さな値幅で利確するので、大きな利益が期待できない。

 

そもそもFX自動売買ツールが分からないという方は、こちらの記事を読んでみて下さい。

→自動売買ツールって何?基礎知識と危険度を徹底解説!

 

おかもん
今回の記事では、 『トラリピ』がFX初心者にオススメできない理由を徹底解説します。
是非、最後までお付き合いください。

 

▼ 当ブログ限定の2つの特典をプレゼントします ▼

 

マネースクエアのトラリピ(FX自動売買システム)ってどんなシステム?

 

トラリピとは、「トラップ」「リピートイフダン」というロジックを組み合わせて、

事前に設定した価格で自動で取引を繰り返すFX自動売買システムです。

 

この初期設定をすませば、自動で運用してくれます。

 

トラリピの仕組み

 

トラリピの基本は、『100円で買ったものを110円で売る』というイフダン注文と呼ばれるものです。

ちなみに、このイフダン注文は「買い」だけでなく「売り」も入れたり、両建てしたりできるので、レンジ相場に非常に強い仕組みになりますね。

 

このイフダン注文を繰り返す(これをリピートイフダンと言います)ことで、小さな利確を積み重ねていきます。

 

このリピートイフダンはレンジ相場には強いですが、強いトレンド相場には脆くなってしまうので、リピートイフダンを広範囲に多数仕掛けることで、自動的に取引を繰り返していく仕組みが完成します。(これをトラップと言います)

 

このようにリピートイフダンとトラップを組み合わせてできたものが、「トラリピ」の仕組みになります。

 

 

トラリピの設定可能な項目

 

トラリピで設定できるのは、以下の項目です。

  • 取引通貨ペア
  • 売買の方向(「買い」から入るか、「売り」から入るか)
  • レンジ(リピートイフダンを仕掛ける範囲)
  • 注文金額(リピートイフダンを仕掛ける本数)
  • 利益金額(利確する金額)
  • 決済トレール(決済注文にトレール機能を付けるかどうか)
  • ストップロス(範囲外にストップロスを置くことができる)

 

 

トラリピ運営会社「マネースクエア」

 

トラリピを提供している会社は「マネースクエア」という国内のFX会社です。

 

元新体操日本代表の畠山愛理さんが出演されているCMを見たことある方もいると思います。

 

マネースクエアはFX会社の中でも、特許取得数がNo.1であり、充実したセミナーや電話サポートが整備されているようです。

 

トラリピのベースとなるリピート系FX自動売買の仕組みの特許もマネースクエアが保有しているので、他のリピート系FX自動売買はトラリピのロジックを基礎にして作られているようです。

 

 

マネースクエアのトラリピ(FX自動売買システム)のメリット・デメリット

 

トラリピは前述したとおり、最初に価格などを設定すれば、システムが勝手に売買してくれるので、FXにかける時間を大幅に削減できるということになります。

 

つまり、裁量取引を行う人達のように相場に張り付く必要はなく、気軽にトラリピを利用できるようです。

 

ここでは、トラリピのメリット・デメリットを解説します。

 

トラリピのメリット

 

  • 範囲の予想が当たっていれば問題なく利益が出る。
  • 小さな値幅で細かく利確できる
  • 24時間自動で売買できる。
  • スマホ1つあればOK

 

トラリピのデメリット

 

  • 範囲の予想が外れると含み損が大きくなる
  • スプレッドが他社より広い

 

トラリピの評判や口コミは?

 

トラリピはさすが大手FX会社の商品だけあって、様々な評判・口コミがありますので、紹介します。

 

まずは、順調に利益を出している方の実績です。

https://twitter.com/ie_d7d/status/1507732208655630337

利益額こそ少額ですが、順調ですね。

 

次に、損失を被った方たちの口コミも見ていきます。

 

 

270万円もの損失も出された方もいるようですね。

 

FX自動売買の良いところは、自動で取引してくれるところですが、

完全に放置すると、気づいたときには多額の損失を抱えることもありますので、注意が必要ですね。

 

 

マネースクエアの「トラリピ」がダメな決定的な理由とは?

 

トラリピは、特許も取得していることから信頼性の高く、手数料も無料であることから、多くのユーザーがいます。

 

しかし、トラリピはこれまでの調査をまとめると、思ったより稼げないツールであることが分かります。

 

その理由は以下の通りです。

 

FX初心者にはハードルが高い

 

設定範囲を間違えなければ、コツコツ利益を重ねることの可能ですが、

逆に言えば、範囲を間違えると多額の損失を抱えてしまいます

 

つまり、相場によって設定を柔軟に対応させる必要が出てくるので、FX初心者にはハードルが高いと言えます。

 

 

大きな利益が期待できない。

 

トラリピのLPには「少額ながらも短期間で利益を出しやすい」と書かれていますが、

実際には、短期間だと値幅が小さく発注自体が少ない、レンジ相場にならないなど、利益が出ないことのほうが多く、

また、前述したように、損失が出る時は大きな金額になってしまうので、コツコツドカンに陥りやすい傾向があります。

 

 

スプレッドが広い

 

スプレッドが他社より広いため、ロスカットするリスクが高くなるという口コミも多いです。

 

 

これらの理由により、

FXが好きな方は、範囲の設定など考えるのは楽しく感じると評判ですが、

相場観のないFX初心者は、オススメ設定のまま取引を続けて、結局は資金が溶けるという方が非常に多いです。

EAを使うなら『ビースト+』一択

 

優秀なFX自動売買ツール(EA)を見極める条件は以下の2つです。

  • 長期的に利益を出し続けているツールである
  • 利用者が1,000名以上いて継続者がいること

 

この2つの条件を満たしているEAは、僕が知る限りでは『ビースト+』のみです。

 

『ビースト+』は

  • リリースしてから平均月利約40%を出し続けている
  • 現在、利用者3,000名以上で、たくさんの継続者がいる

 

正直、僕は今まで、いろんな副業や自動売買ツールを試してきましたが、

『ビースト+』の実績は圧倒的ですね(笑)

→『ビースト+』の実績

 

僕のTwitterでほぼ毎日『ビースト+』の実績を公開していますが、利益率は圧倒的過ぎです。

 

僕は100万円で『ビースト+』を運用していますが、5万円から運用することができます。(推奨は10万円から)

 

『ビースト+』の詳細は下記の記事を参考にしてください。

→【2022年】FX自動売買ツール『ビースト+』の実力が凄すぎた!

 

しかも、このFX自動売買ツールが今だけ人数限定になりますが、無料で利用可能です。

 

『ビースト+』を無料で受け取りたい方は、下の公式LINEに登録が、「ビースト+希望」と一言メッセージ下さい。

 

なお、現在、特典として、

「ただポチるだけのウソみたいな本当の即金術 」

「たった2週間で6万円の収益をGETした極秘手法 」

を無料配布中ですので、軍資金稼ぎにもご利用ください。

 

▼ ここをクリックすれば、友達登録できます。 ▼

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事