BlakPerl(ブラックパール)

 

こんにちは!おかもんです。

 

今回は「BlakPerl(ブラックパール)」というFX自動売買システムについて検証していきます。

 

このFX自動売買システムですが、

過去に調査した「ファーストインパクト」というPAMMをリリースした運営からの案件になりますね。

おかもん
ファーストインパクトは現在、サービス停止となってるようです。

 

ちなみに、このファーストインパクトですが、

 

PAMMの中身がどうこう以前の問題で、

利用しているFXブローカーのBDFXが明らかに怪しい業者だと判明しました。

おかもん
ライセンスもなく、ポンジ系の詐欺業者だと疑われてます。

 

 

さて、そんなファーストインパクトを提供した運営からの案件ですが、

ニューリリースされた「BlakPerl(ブラックパール)」はどうなんでしょうか?

 

ということで、

「BlakPerl(ブラックパール)」の実態について調査していこうと思います。

 

※ 2/2追記

同じ運営からGUILTYというPAMMもリリースされたようです。

おかもん
BlakPerlと同じくMYFXMarketsを利用してる模様…。

 

▼ 当ブログ限定の2つの特典をプレゼントします ▼

 

さて、このBlakPerl(ブラックパール)の基本的な概要について解説していきます。

 

このFX投資案件は、LINEで案内されてるのですが、

流れてきたブラックパールの紹介文を確認していきます。

 

ブラックパールの紹介文

サービス紹介:AIで1000万通り以上のロジックを生成、その中で成績TOPに君臨するEAを用いたFX自動売買サービス

成績:想定月利25%(MAXドローダウン30%)

証券会社:Abookを謳っていて、安心できる会社

 

さて、ブラックパールはPAMMシステムになってます。

 

PAMMというのは、

トレーダーがFXで資産運用をして、その損益をユーザーに分配するシステムになります。

おかもん
いわゆるコピートレードですね。

 

ただ、紹介文を見てみると、

利用するのはEA(FX自動売買ツール)のようですね…。

おかもん
EAを利用しつつ、裁量を入れていくイメージでしょうか…?

 

まぁ、詳細は分かりませんが、

EAで運用するということは、単一ロジックでトレードするということは間違いなさそうです。

 

このブラックパールもそうですが、

ツール提供者

AIを組み込んだEAだから、

安心して運用できる!!

という謳い文句は嘘である可能性が高いです。

 

MT4などのプラットフォームを利用するEA(自動売買)は、

mql4というプログラミングファイルで構成されてます。

 

で、このプログラミングファイルは、

事前に組み込まれた仕組みに沿ってのみ動きます。

 

つまり、AIなんかを搭載できる余地なんてないんです。

おかもん
EAに直接AIを組み込むことは、物理的に不可能です。

 

mql4のプログラミング画面↓

mql4のプログラミング画面

 

まぁ、外部のプログラミング環境(Pythonなど)でAIモデルを構築して、それをEAと連携させる方法もあるかもしれませんが、

 

そんな超高性能なシステムを無料で提供なんて、まずあり得ません。

おかもん
個人が開発できるものじゃないですし、ランニングコストも激高だと予想できます。

 

優秀なEAであれば、ちゃんと管理すれば稼ぐことは十分可能なので、

EA自体を否定したいのではありません。

 

ただ、

  • AIが~
  • 人工知能を使って~
  • ビックデータが~

とか言ってるFX案件に手を出すと、

詐欺られる可能性もあるので注意しましょう。

 

おかもん

紹介文にある「AIで1000万通り以上のロジックを~」など、

このあたりは確かめようもないので、正直、言ったもん勝ちなんですよね…。

 

 

いずれにしろ、

ブラックパールについては運用がまだ始まってないので、判断のしようがないのですが、

 

ただ、かなり不安なのが、

利用してるFXブローカーなんですよね…。

 

ということで、

次にブラックパールが利用してるFXブローカー「MYFXMarkets」について見ていきます。

 

 

MYFXMarketsについて

 

さて、このMYFXMarketsですが、

評判が非常に悪いです。

 

その理由は、

  • 信用できるライセンスを保有していない
  • ニュージーランドのFSPRで金融機関登録が抹消処分されている
  • 出金報告が多数あり

などなどですね。

 

MYFXMarketsは現在、いわゆる無登録業者ですが、

以前はニュージーランドの金融機関に登録されていたようですね。

 

ただ、2015年に取り消し処分を喰らってることが分かります。

 

取り消し処分

Financial Service Providers Register (FSPR)のサイトより

 

理由については定かではありませんが、

 

SNSやネットの口コミを見ると

出金拒否の報告が多数、散見されるのが分かります。

 

↓以下はSNSの口コミの一部

 

また、WikiFXの口コミでも、

出金拒否されたユーザーたちの阿鼻叫喚で溢れてます。

 

出金拒否されたユーザーたちの阿鼻叫喚

おかもん
これだけでも、かなり危ない業者だというのが分かります。

 

最悪の場合、

MYFXMarketsがポンジ業者である可能性もあるので注意が必要です。

おかもん
ポンジ業者だった場合、PAMM運営と結託して「全損からの資金持ち逃げ」というパターンになります。

 

 

結論

 

さて、BlakPerl(ブラックパール)について見てきました。

 

結論からすると、

ブラックパールはあまりオススメできません。

 

一番の理由は、

MYFXMarketsの実態があまりに酷いという点ですね。

 

また、ブラックパールの紹介文によると、

 

1ヶ月の試用運用の結果、

  • 月利70%
  • 最大ドローダウン30%

となってるので、

 

かなりリスクの高い運用をしてると予想できます。

おかもん

年間じゃなくて、1ヶ月で最大ドローダウン30%ですからね。

高い月利は狙えるかもしれませんが、それだけリスクも高いということになります。

 

仮に利用するFXブローカーの信頼度が高かったとしても、

堅実な運用を望むのであれば、参加はやめておいた方が良いでしょう。

 

 

まぁ、いずれにしろ、

MYFXMarketsに誘導するような業者のシステムは利用しないのが賢明だと判断できます。

 

 

最後に

 

今回は「BlakPerl(ブラックパール)」について解説してきました。

 

僕は、こんな感じで色々な副業・投資案件についての実態を調べてますけど、

 

その記事を書くきっかけは、

「○○に参加したんですけど、大丈夫なんでしょうか…?」

っていう読者さんからのお悩み相談からなんですよね。

 

僕自身もブラック企業の底辺労働者だったので気持ちが分かるんですが、

お金や時間に余裕がないと冷静な判断なんてできないですよね…。

 

なので、もし今のあなたがお金や時間がなくて冷静さを失ってるなら、

僕が実際に稼いでる投資システムを使って不安を解消して下さい↓

→初心者にオススメの投資システム

 

ちなみに、これらの投資案件に投資してる人達の専用グループも大いに盛り上がってますよ↓

参加者の声1

参加者2

 

もしあなたがFIREを目指してるんだったら、時間のかかりすぎるインデックス投資だけじゃなくて、

利益率の高い投資システムに投資すると加速的に資産を増やすことができますよ。

 

僕が紹介してる投資システムに関しては、

  • 完全無料で参加できる
  • 永久に使えるサポートが受けられる
  • 1000人規模の運用者コミュニティ付き

などなど、かなり手厚いので投資初心者でも安心です。

→初心者にオススメの投資システム

 

「何をするか?」を決めるのはあなたですが、『稼げる案件』と『稼げない案件』は明確に分かれてます。

 

結局のところ、優秀な投資案件に「出会うか・出会わないか」が重要になってくるので、冷静に判断しましょう。

 

それと、問い合わせも多いので書いておきますが、

投資よりもブログやSNSで稼ぎたいならこちらの記事を見てみて下さい↓

→継続報酬を掴め!月利7桁を目指せる『XMアフィリエイト』が初心者にオススメな理由を徹底解説!

 

▼ 副業に関する質問やお悩みも気軽にどうぞ ▼

 

Twitterでフォローしよう