ライト オブ ホープ(Light of Hope)は投資詐欺で稼げない?

 

こんにちは!おかもんです。

 

今回は「ライト オブ ホープ(Light of Hope)」という投資案件について検証していきます。

 

このライト オブ ホープ(Light of Hope)は資産形成アプリとのことですが、

このアプリを使えば、毎日最低3万円の利益が得られるという投資業界の常識を覆すような内容になってます(笑)

 

そういえば、前回調査したリスタートプランという投資詐欺案件も「毎日最低3万円が稼げる!」と宣伝してましたね…。

 

 

「最低3万円」って最近のトレンドか何かなんでしょうか?

 

かなり怪しい案件ではありますが、

今回も口コミと評判を含めた実態調査をしていこうと思います。

 

 

結論を先に言うと、「ライト オブ ホープ(Light of Hope)」はオススメできません。

 

その理由は以下の4つになります。

  • 具体的なビジネスモデルの説明や、信頼できるエビデンスデータがない
  • ポンジスキームの可能性が高い
  • 合同会社フォレストの会社実態が怪しすぎる
  • 利用者の口コミ・評判がない

 

おかもん
今回の記事ではライト オブ ホープ(Light of Hope)がオススメできない理由を徹底解説します。
是非、最後までお付き合いください。

▼ 当ブログ限定の2つの特典をプレゼントします ▼

 

ライト オブ ホープ(Light of Hope)ってどんな内容?

 

まずは、ライト オブ ホープ(Light of Hope)ついてどんな内容なのか、詳細情報を調査していきます。

 

ライト オブ ホープ(Light of Hope)の概要

 

まずは、ライト オブ ホープ(Light of Hope)の詳細情報を知るために、ランディングページ(LP)を確認していきます。

 

LPに記載されてることをまとめると、

  • 60秒ごとに1万円・毎日最低3万円
  • 期間限定で現金10万円プレゼント
  • システムが自動で稼いでくれる
  • 参加費無料

という内容でした。

 

「毎日最低3万円」と利益を保証するような表現をしてる時点で非常に怪しい投資案件ですね…。

 

毎日最低3万円

 

投資に絶対はありません。

絶対を保証してくるのは詐欺師だけです。

 

しかも、参加費が無料なうえに参加者に現金10万円をプレゼントするという業者側に何のメリットもない提案をしてきます…。

 

ますます怪しいですね…。

 

更に言えば、このLPには肝心の投資先の説明や稼げたという実績データもありません。

 

あるのは以下のような、手作り感満載の画像があるのみでした。

 

何の信頼性もない数字を羅列するのみ

おかもん
こういった投資案件では、証券会社の取引履歴なんかを提示するのが慣例なんだよな…。

う~ん…。

見れば見るほどツッコミどころ満載な投資案件ですね…。

 

この時点で、僕だったらこの案件には参加しませんが、

ライト オブ ホープ(Light of Hope)の全貌を調査するため、公式LINEに登録してみます。

 

 

登録してみた・・・。

 

このライト オブ ホープ(Light of Hope)の公式LINEに登録してみます。

 

登録すると動画の視聴を勧めてくるので、早速動画を見てみましょう。

 

動画

 

動画の内容は、このプロジェクトの発起人である藤井美樹という方がライト オブ ホープ(Light of Hope)の内容を対談形式で語るというものでした。

 

ただ、残念ながら、

肝心のビジネスモデルの説明もないし、信頼できる実績データが示されることはありませんでした。

 

ちなみに、この動画は第1話となってます。

 

これは、時間を置いて第2話、第3話と内容を小出しにして動画視聴させて情報への期待値を徐々に高めていき、

ピークに達した時に販売を行うプロダクトローンチという手法だと思われます。

 

プロダクトローンチ自体は真っ当なビジネス手法ではありますが、

このような集客手法をとる案件では、高額なバックエンドが用意されてることがほとんどですね。

 

ライト オブ ホープ(Light of Hope)のLPでは、「参加費無料」と謳っていましたが、

システムを利用する際に費用が発生することは確実でしょう。

 

 

システムを使用してみた

 

動画を視聴すると、ライト オブ ホープ(Light of Hope)のシステムを使用できるようになります。

 

実際にシステムを使ってみましょう。

 

以下がライト オブ ホープ(Light of Hope)のシステム画面です。

 

ライト オブ ホープ(Light of Hope)のシステム画面

 

非常に簡易的な画面ですね。

なぜか投資金10万円が最初から入ってます。

 

また、取引履歴の項目もあるのですが…、

 

取引履歴の項目

 

いつ、なにを取引したのか全く分かりませんね。

 

しかも、僕がライト オブ ホープ(Light of Hope)に登録したのは12/19なのですが、なぜか12/16から取引が始まってます…。

 

過去にさかのぼって取引するとか、まずあり得ませんよね。

 

更に不審なのは、このシステムはFX証券会社などの外部サイトを通してすらいないですし、相場と繋がってもいません。

 

これでは取引は物理的に不可能です…。

どうやって利益を出すつもりなんでしょうね?

 

 

特定商取引法に基づく表記について

 

続いて、特定商取引法(特商法)に基づく表記について確認します。

 

特商法に基づく表記とは、ネット商取引の中では特に確認するべき事項で、契約時や、契約・登録後の保障やルールを、金銭の受け渡しが行われる前にしっかり取り決めるための法律です。

 

もしこの特商法の記載がない、もしくは、不備がある場合、あなたが不利益を被っても自己責任になってしまうので注意して下さいね。

 

さて、このライト オブ ホープ(Light of Hope)にも特商法の記載がありましたので確認してきましょう。

 

会社名:合同会社フォレスト

住所:大阪府大阪市淀川区西中島6丁目3番24号-L414

販売責任者:岡村貴弘

メールアドレス/問い合わせ先:050-5445-6097
threesecondschage@gmail.com

商品代金以外の手数料:銀行振込の場合は手数料がかかります。クレジットカードの場合は分割決済手数料がかかります。

支払い方法:銀行振込/クレジットカード

 

不審な点が多々ありますね。

 

まず、合同会社フォレストの登記情報を確認してみたところ、

 

合同会社フォレストの登記情報

 

同名の会社が137社があるのですが、

大阪府大阪市淀川区西中島6丁目3番24号」の住所に合同会社フォレストという会社は存在しませんでした。

 

つまり、このライト オブ ホープ(Light of Hope)をリリースしている合同会社フォレストは、法人登録すらしていないことになります。

おかもん
そもそも同名の会社が137社ある時点で怪しいんだよな…。
木を隠すには森の中ということです…。

また、この住所について調べると、

電話秘書代行や、通信販売の受付代行業務をしている業者の住所であることが分かりました。

 

大阪の私書籍サービス

 

かなりキナ臭いですね…。

この住所に運営の実態はないことは確実でしょう…。

 

 

ライト オブ ホープ(Light of Hope)がオススメできない4つの理由

 

ライト オブ ホープ(Light of Hope)は、言うまでもありませんがオススメできない投資案件です。

 

その理由を一つ一つ解説します。

 

具体的なビジネスモデルの説明や、信頼できるエビデンスデータがない

 

LPや動画で、システムについての具体的な説明や信用できるエビデンスデータがない時点でアウトです。

 

それに、「毎日最低3万円」というように利益を保証してくる時点で詐欺確定です。

 

稼げないどころか、資金を失う可能性もあるので注意しましょう。

 

 

ポンジスキームの可能性あり

 

ポンジスキームというのは、

資金を集めるも実際に運用はせず、新しい出資者からの出資金を配当金として支払いながら、破綻することを前提にお金を騙し取る手法

なのですが、

 

このライト オブ ホープ(Light of Hope)のシステムを検証してみた限りでは、

  • 取引履歴が確認できない
  • FX証券会社などの他サイトと繋がっていない
  • 相場とすら繋がってない

という不審な点より、

 

実際には取引すら行っていないにも関わらず、利益が出てるように見せかけていると判断できます。

 

ライト オブ ホープ(Light of Hope)もよくある投資詐欺と同様に、ポンジスキームの可能性があります。

 

 

合同会社フォレストの会社実態が怪しすぎる

 

特商法を確認すると、

  • 合同会社フォレストは法人登録すらしてない
  • 住所が通信販売の受付代行会社のもの
  • 電話番号がIP電話のもの
  • メールアドレスがフリーアドレス

と、不審点がてんこ盛りですね…。

 

恐らく、ライト オブ ホープ(Light of Hope)に参加してトラブルが起こったとしても、

訴える先すら不透明なので、泣き寝入りになる可能性が高いと思われます。

 

 

利用者の口コミ・評判がない

 

このライト オブ ホープ(Light of Hope)が本当に稼げる案件であれば、よい評判で溢れているはずなので調べてみました。

 

結果は、グーグルやSNS等では利用者の口コミ・評判は見つかりませんでした。

 

この時点で、あまりオススメはできませんが、

どうしてもライト オブ ホープ(Light of Hope)を使ってみたいというのであれば、実際に利用者のレビューが出てきてからでも遅くはないでしょう。

 

 

結論

 

以上の調査結果をまとめると、

  • 具体的なビジネスモデルの説明や、信頼できるエビデンスデータがない
  • ポンジスキームの可能性が高い
  • 合同会社フォレストの会社実態が怪しすぎる
  • 利用者の口コミ・評判がない

という結果になりました。

 

この結果から、

現状ではライト オブ ホープ(Light of Hope)を使用することはオススメできません。

 

 

最後に

 

もし、

アナタの本業が労働時間12時間以上でブラック企業で休みも少ない・・・。

ボーナスがない・・・。

 

ただ、

時間はあまりなくても副業で本気で稼ぎたい!!

現状を打破したい!!

 

と本気で思うのなら、僕と同じ副業を1度試してみるのも良いと思います。

 

僕は、新卒で入った会社が超ブラック企業でプライベートもないような働き方でした。

 

そんな会社に嫌気がさして今すぐにでもやめたいぐらいだったのですが、やめると生活費もなくなってしまう・・・。

 

そんな中、模索して出てきたのが「 アフィリエイトやFX 」で、色々と挑戦してみたのですが、どうもうまくいきませんでした。

 

そりゃ会社で働きながら、副業を頑張るなんてもってのほかで、そんな時間もないですよね。

 

そこで僕が目を付けたのが「 FX自動売買システム(PAMM) 」です。

 

正直、世の中には提供者が設けることしか考えていないシステムばかりでしたが、何十万と支払って入ったコミュニティで提供されていたシステムがすごくパフォーマンス良かったんですね。

 

僕自身、より高みへ行こうと今は知識に投資してビジネスを拡大させたりしていますが、本来であれば、もっと早く自動売買システムに出会えていたらと思っていました。

 

こんな僕のように「 副業をやる時間がないけど、今の会社をすぐに辞めれるくらいの資金力を稼いでおきたい! 」という方のために、僕は自動売買システムの運用をオススメします。

→オススメのFX自動売買システムはコチラ

 

僕の公式LINEでは、お得な情報のお届けや、質問に対してのお返事など様々なことを提供しています。

 

ご質問等あればお気軽にご連絡ください!

 

 

おかもんからのお知らせ!

 

もし、あなたが、

  • ネットビジネスで稼いでみたい!
  • 本物のFX自動売買システムを使ってみたい
  • シンプルにお金が欲しい

という方は、おかもんに相談して下さい。

 

副業歴7年の期間で、たくさんの失敗と成功を経験してきましたので、きっとアドバイスできると思います。

 

▼ 副業に関する質問やお悩みも気軽にどうぞ ▼

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事